FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.12 (Thu)

伯母のはなし

こんばんは。深夜にのくです。

今日はね、ちょっと重くて暗い話になっちゃうと思います。
だからそういうの苦手!とかそういう気分じゃない!って人はとりあえず追記は置いとくことをおすすめします。

今度また湯呑(旦)会の楽しい話を書くからね!
クリスマスも近いし、また彼女とお出かけもするつもりなので、楽しい記事希望の方はしばらく待っていてください。


今日はちょっとね、垂れ流します。長いです。
暇で暇でしょうがないって人だけ読むとよい。


昨日18:00、伯母が他界しました。
その前後の垂れ流し。


 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 

【More・・・】

11月末、伯母が倒れた知らせを聞いて間もなく、伯母がもう長くないこと、12月の頭に病院を退院して我が家で在宅介護するかもというようなことを親から聞いて。
自分は伯母の病気のことなんてほとんど知らなくて、その時も既に若干の驚きがあったんだけど
そんなこと考える間もなく、お姉さん来るんならああしなきゃーこうしなきゃーで家はどたばたしてて、自分はまあバイトしたり遊んだりしながらさほど変わらぬ日々をすごしてました。


12月頭、バイトから帰ったらいつの間にか伯母は我が家に来てて、いつの間にか介護ベッドで寝ていて、いつの間にかこれから契約するであろうヘルパーさん方が打ち合わせに来てて、どうもどうもと挨拶をし。

伯母に会うのは久しぶりだったんだけど。
白髪が増えて、酸素マスクしてて、動きもぎこちなくて、小さな声でお世話になります、って。
なんかすげーショックでさ。
すごく元気な人だったから。きびきびしてて、A型の典型みたいな人で、強い人だったから。
人って老いるんだなって。
伯母はまだ59歳だったんだけどね。
病って怖いね。


次の日食事中に、体調悪化して、血圧も下がっちゃって、喋れなくなっちゃって、
救急車呼んで搬送してもらって。
救急の人が来た時は意識はあったみたいで、
その日も結局入院しないで家に帰ってきたらしかったんだけど。


その二日後。バイト終わって帰ったら伯母はもう入院してて。母は病院に泊まってて。
最初家に来た時は、酸素マスクの供給量は1Lだったのが、今はMAXなんだって、って父に教えられて、出来るだけすぐ動けるようにしておけと。
でもご飯は食べてるし喋ってもいるんだって。
末期がんは分からんって父が言ってた。


その次の日が昨日になるんだけど、テストがあったからそれだけ受けて後の授業は休んで、もう時間の問題だから来いと言われた病院にタクシーで行った。
昨日ほどタクシー乗った日他にないな。(笑)

着いたらもう意識はなかった。
母が、のくが来てくれたよって、2時間後にお友達来るからもうちょっと頑張ってねってずっと呼びかけてて。
誕生日とかクリスマスとか、よくプレゼントくれたお礼とか言って。意識はないけど多分聴こえてるから。

親友の方が来て会えて本当に良かったなって思った。
このあいだまで一緒に食事とかしてたのにってすごいびっくりしてて、そりゃそうだなって。


伯母が帰ってこられるように介護ベッドの引き取りを父が頼んで、それの対応に行けるのが自分しかいなかったから一旦帰って、ベッド引き取ってもらった後自宅待機。

亡くなった知らせを聞いて、タクシー呼んで病院へ。
苦しんでなかったって。

色々打ち合わせして、結局自分だけ帰ってきて、親と伯母は伯母が入院前住んでた東京の家に泊まることになった。
明日お通夜の日取りを決めて、後はよしなに、って感じみたいで。



なんかなあ、
本当にあっという間だった。

長くないとは言っても、1ヶ月2ヶ月の話だったんだけど
結局うちに来てから自力で立つことはできなかったし、買った杖も結局使わなかった。

母の姉なんだけど、母はその2人姉妹だし、父は3人兄弟だもんで、
自分の伯母はただ1人だったんだよね。
伯母は独身で子どももいなかったから、伯母にとっては自分はただ1人の姪で、親近者のうちのただ1人の子どもだったんだよ。
それに気付いたのが昨日学校から帰るときで、なんかもっとしてあげられることあったんじゃないのかなとか思って。

伯母はしばらくタイに行ってた時期があったんだけど、
親友の方にも「私はタイとか行ってたから姪とそんなに遊んであげたりとかしてなくて……」って話してたみたいで
もっと伯母孝行というか、出来てたことあったのかなあって
なんか誕生日にも欲しいもの教えてくれって母に言付けられてて、でも結局決まらなくて言わなかったら金券かなんか届いて
そのへんもなんか見つけてねだればもっと嬉しかったのかなあとか

せめて息引き取る前にありがとう言えて良かったけど

なんか本当に強い人だったから
誰にも頼らないし自分のことも他人のこともしっかりやるし
生前は自分の祖母、伯母の母の介護も1人でやってて
結局病気で出来なかったんだけど臓器移植はできないのかとか
まだ見込みがあるときは病気治ったらまた働きたいとか旅行に行きたいとか言ってたみたいで
本当に強い人だったから

家に来る前も本当はうちの近くに住んで何かあったら人来られるようにして、でもあくまで自分で暮らしたいって言ってて
それも叶わなかったけど

自分ですらこんなに後悔だらけなんだから母なんて相当だよなって

そんな色々なこと、漠然と考えて

でもあんまり泣かなかったんだけど
1人で1:30頃に風呂入ってから涙が止まりませぬわ。(笑)

確かにしょっちゅう会ってたわけじゃないけど
ああなんかもっとしてあげられることあったはずなのになあ。

看取れなかったしなあ。
でも最後に会えてお礼言えて本当に良かったとは思ってるし伯母も喜んでくれてたらいいなあ。



老いるのも死ぬのも怖いし自分は恋人と結婚することも出来ないし一人っ子だし
どうなるんだろう。
もし自分がいつかの未来でそうなったときあの場に誰がいられるんだろうって考えたら誰もいないんだよね。
彼女は一緒に泊まれるのかな。
ああやっぱり結婚ってずるいわ。

そんなことまで考えたりした。



読んでくれた方ありがとうございました。
自分も強くならなくてはね。
とりあえず明日からまた頑張らなくては。
明日1限。早く起きなくては。




伯母は強く生きた分、向こうでのんびりできたらいいなあと思ってます。
安らかに。


 にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 
関連記事

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

03:07  |  Days  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

伯母様のこと心よりお悔み申し上げます。

なんでしょう、ほんと人間って
いつ何が起こるのかわからないですよね。

うちの母も今病気してて
大学行くために東京出てきてるの
ちょっと不安だったり


親のこともだけど
やっぱり将来の不安はありますね

きっと結婚しないだろうし
死ぬときは…周りに誰がいてくれるんだろう

あー
だめだ、暗くしてしまいましたね><

テストお疲れ様でした!!
これからこの世界を住みやすくしてくのは私たちです

みんながつらい思いしない世界を
実現できたらいいな
初花月梅 |  2013年12月12日(木) 17:32 | URL 【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013年12月13日(金) 07:24 |  【コメント編集】

★>初花月梅さん,鍵Jさん

>初花月梅さん

そうですね。
病気も事故も、突然なこともありますからね。

自分も兄弟いないし親戚付き合いもあまりないから誰が世話焼くんだろうなーと思います。
あまり迷惑かけたくないですけど。
まあなってみないと分かりませんけどね。

その時生きたい自分で生きられたらいいなって思います。
窮屈な思いする人が少しでも減りますように。

お母さん、お大事にしてください。
コメントありがとうございました。



>鍵Jさん

お久しぶりです!
もちろん覚えていますよ。
とても!気恥ずかしいです!(笑)

まだまだ子どもだなあと思います。
いつ大人になれるんでしょうね?って思ってるうちはダメなんだろうなあ。(笑)
少しずつでも近づけているといいんですけどね。

そうですね。
伯母のように強くなれるか分からないけど
なりたいものになれるように、
頑張っていこうと思います。

自分でもびっくりするくらい今は母に優しいです。(笑)
自分を殺す気はさらさらありませんがまあ出来る範囲で気にかけようと思ってます。

毎日寒いですね。Jさんもお体お気をつけて。
コメントありがとうございました。
のく |  2013年12月31日(火) 01:56 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。